カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

カトリック教会とは

1.教会とはなんですか・・・?
教会は神様の声(み言葉)を聞き、お祈りをする場所です。どなたでも遠慮なく教会へいらしてください。 生きがいや神の救いを求めている方々のために、教会の門はいつも開かれています。
神様は皆を愛しておられます。あなたも、神様から愛されています。教会に来られたら、心を開いて神様にお祈りしてください。
2.教会に来たらどうすればいいのですか・・・?
教会の入口に案内をする人がいれば、「初めてです」と、おっしゃってください。親切にご案内をしてくださるでしょう。はじめは、なにも、わからなくて結構です。
教会の中では、どうぞあいている席にお座りください。教会には、式(ミサ)の途中でも、どなたでも入れます。その際聖堂入り口の台の上にあるリーフレット「聖書と典礼」をお取りください。棚から「典礼聖歌」と「カトリック聖歌集」をお持ち下さい。
また、「主日のミサ次第 (初めてミサに参加される方のために)」というリーフレットをお持ち下さい。ミサの式次第が詳しく書いてあります。
3.ミサとは何ですか・・・?
ミサとは、カトリック教会で行う一番大事な祈りです。日曜日のほかに、平日や、結婚式、葬儀などの大事な時にも行います。司祭(神父)が司式をし、信者と共にミサを捧げます。 ミサはキリストの最後の晩餐に由来します。これを行うことによって、私たちはキリストの死と復活を記念し、神様に命を捧げられたキリストに心を合わせるのです。
4.ミサの内容はどのようなものですか・・・?
ミサのとき、私たちは、神からのすべての恵みのために感謝をささげることにしています。それでミサは「感謝の祭儀」とも呼ばれます。
このとき、わたしたちはキリストを記念するために、まずその教えを聞きます。すなわちミサの前半には「聖書」が読まれ、司祭による「説教」が行われるのです。
日曜日に読まれる聖書の箇所は、原則として、「旧約聖書」から一箇所と、「新約聖書」からイエスの「使徒達の文書」と、「福音書」からのそれぞれ一箇所です。毎日曜日、読まれる箇所は、全世界のカトリック教会のために決まっています。
5.ミサではどのようにするのですか・・?
まわりの人と同じようにすればよいのです。人が座る時、自分も座り、立つ時自分も立つというようにしてください。聖歌を歌う時は、前方右の電光掲示板に表示された聖歌の番号(「テ」は典礼聖歌、「カ」はカトリック聖歌集を示します。)のページを開いてお歌い下さい。
また「主日のミサ次第」という冊子の中には、黒字でミサの式次第が書いてあるのに加えて、赤い字でその意味や具体的な方法が記されでありますので、是非お読みください。
6.神様とはどういう方ですか・・・?
神様のことを知るのには、聖書の教えを読むのが一番よいでしょう。パウロと言うキリストの弟子は、こう説明しています。
「神は、世界とその中にあるすべてのものを造られた方です。天地の主ですから、手で造った神殿などにはお住みになりません。また、何か足りないことでもあるかのように、人の手によって仕えてもらう必要もありません。神は、すべての人に命と息と、その他すべてのものを与えてくださる方です。」
7.神様のみ言葉はどうすれば聞けるのですか・・・?
その日の聖書の言葉が書いてあるリーフレット「聖書と典礼」をお読みください。また神父様が説教の中でやさしく神様のみ言葉を述べ伝えます。そしてお祈りください。
また是非一度「聖書」を手にとってお読み下さい。多くの神様のみ言葉が書かれています。
8.イエス様とは、どういう方ですか・・・?
イエス様は、私たちに神への道を教えてくださった方です。およそ2000年前、イスラエルのベツレヘムで貧しくお生まれになり、およそ30歳で故郷を離れ、町や村をまわって人々に神様のみ言葉教えたり、不思議なわざを行ったりされました。そしてそのわずか、2-3年後の西暦30年ごろ、十字架にかけられました。しかし聖書が示すとおり、三日目に復活され、弟子たちの前にお現れになりました。彼らに、全世界に教えを伝えられるよう命じられたのち、神様のもとへお戻りになられました。
9.聖書とは、どういう本ですか・・?
聖書とは、神が行われた救いの歴史と神の教えを伝える本です。
「旧約聖書」と「新約聖書」に大きく分かれています。旧約聖書は、イエスが生まれる前に書かれたもので、46の文書からなっています。新約聖書は、イエスの生涯とその教えを伝え旧約・新約聖書は、両方ともキリスト教の「正典」、すなわち、正式な教えの本です。初めて読まれる方には、イエスの教えを伝える4つの福音書(「マタイによる福音書」「マルコによる福音書」「ルカによる福音書」「ヨハネによる福音書」)をおすすめします。
10.神父様とは、どういう方ですか・・?
神父様は、教会の指導者、神の道を教える人です。
ミサや他の礼拝を司式するので、司祭とも呼ばれます。皆のために祈り、信者を導き、教えを説くのです。子供も大人も、年配の方も、どなたでも気楽に神父様に話し、いろいろな相談や悩みを打ち明けることができます。
神父様の住まいは、聖堂の近くにある「司祭館」です。全てを上に捧げていますので、カトリックの神父様は結婚をしません。それは皆のお父さんになるためです。
11.修道院やシスターとはどういうものですか・・?
教会では、子ども・病人・老人の世話、教育、宣教、研究などのいろいろな活動が行われています。このような活動には、何よりも献身的に働く志を持った人が望まれます。
教会の中に、こうした目的のために働く有志の団体が、数多く生まれてきました。教会の認可を得たこれらの団体を「修道会」と呼び、事業に従事するものです。
宣教、教育、福祉に一生を捧げたい信徒は「修道者」となり「修道院」に住みます。女性の修道者を「シスター」と呼びます。
日本には、多くのカトリック系のミッション・スクールや社会福祉事業がありますが、これらのほとんどは、教育修道会によって設立され、その力で支えられています。
12.今後継続的に教会に来るには、どうしたらよいのですか?
是非主任司祭に声をおかけ下さい。またまわりの教会員の方にも気軽に声をおかけください。きっとあなたのお役に立つことが出来ると思います。

(このページの文章は、一部ガエタノ・コンプリ神父様の文章をお借りしています。詳しくは、ドン・ボスコ社発行「はじめて教会へいらしたあなたに」をご覧下さい。)

バナー
バナー

本日の福音

  • 2017.07.25 聖ヤコブ使徒

     そのとき、ゼベダイの息子たちの母が、その二人の息子と一緒にイエスのところに来て、ひれ伏し、何かを願おうとした。 イエスが、「何が望みか《と言われると、彼女は言った。「王座にお着きになるとき、この二人の息子が、一人はあなたの右に、もう一人は左に座れるとおっしゃってください。《イエスはお答えになった。「あなたがたは、自分が何を願っているか、分かっていない。このわたしが飲もうとしている杯を飲むことができるか。《二人が、「できます《と言うと、 イエスは言われた。「確かに、あなたがたはわたしの杯を飲むことになる。しかし、わたしの右と左にだれが座るかは、わたしの決めることではない。それは、わたしの父によって定められた人々に許されるのだ。《ほかの十人の者はこれを聞いて、この二人の兄弟のことで腹を立てた。そこで、イエスは一同を呼び寄せて言われた。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では支配者たちが民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、皆の僕になりなさい。 人の子が、仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのと同じように。《(マタイ20・20*28)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報