カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第14窓

第14窓
永遠のいのちを信じる。アーメン。

この窓は、救われる我々を待っている父と子と聖霊と共に生きることへの信仰を絵画的に描いているものである。このステンドグラスが表現しているのは次のものである。

最後の晩餐。自分を食べさせるキリスト、つまり今この世で永遠の命のきざし。

来たるべき花婿であるキリストを待ち続けている花嫁、つまり教会のこと。

取り戻された楽園、つまり人々と三位一体との共存のシンボル。

1 ・2 、孔雀と、幸福のシンボルであるザクロ。
3 ・4 、エゼキエルが予言している新しい命を象徴している緑の山。
荒れ果てていたこの土地がエデンの園のようになった。J (エゼキエル36 章35 節)。両方のステンドグラスの下の部分には平和で生きている動物たちが見える。「狼と子羊は共に草をはみ、獅子は牛のようにわらを食べ、[. . . ]わたしの聖なる山のどこにおいても、害することも滅ぼすこともない、と主は言われる。」(イザ65 章25 節)。両方の場面に見える緑色の山は、三位一体の出迎えに、また天使たちが持ち上げているテーブルで用意されている婚宴のために踊って走っていく聖人や天使たちの青・白・合色の行列に囲まれている。その踊りの気持ちになってよく見ると、走ってくる者を歓迎している聖母マリアの姿を見つけることができる。「見よ、わたしは新しい天と新しい地を創造する。[. . . ]わたしはエルサレムを喜び踊るものとして、その民を喜び楽しむものとして、創造する。わたしはエルサレムを喜びとして、わたしの民を楽しみとする。泣く声、叫ぶ声は、再びその中に響く事がない。」(イザ65 章17 – 19 節)。予言されている天国の宴、つまりメシアの婚宴は新しいワインで満たされている光の杯が置いてあるテーブルで表現さている。「わたしたちは喜び、大いに喜び、神の栄光をたたえよう。子羊の婚礼の日が来て、花嫁は用意を整えた。花嫁は、輝く清い麻の衣を着せられた。[. . . ]子羊の婚宴に招かれている者たちは幸いである。」(黙19 章7 – 9 節)。「東や西から大勢の人が来て、天の国でアブラハム、イサク、ヤコブと共に宴会の席に着く。」(マタ8章11 節)。「万軍の主はこの山で祝宴を開き、すべての民に良い肉と古い酒を供される。それは脂肪に富む良い肉とえり抜きの酒。主はこの山で、すべての民の顔を包んでいた布と、すべての国を覆っていた布を滅ぼし[. . . ]」(イザ25 章6 – 8 節)。すべての国民や民族は三位一体の栄光をじかに見る。
5 、教会を象徴している花嫁は、神を待っている人間の心に喩えられている雅歌の花嫁でもある。
「《霊》 と花嫁とが言う。『来てください。』これを聞く者も言うがよい、『 来てください』 と。[. . . ]主イエスよ、来てください。」(默22 章17 、20 節)。「恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を飛んでやって来ます。若い雄鹿のようです。」(雅2 章8 – 9 節)。走っている力強いキリストの姿は、地に戻るキリストのシンボルである太陽を背景にして現わしてある。曲がりくねる細長い模様は神へ導く人の道を象徴している。
6 、メシヤの婚宴を予知する最後の晩餐。
使徒たちの伸ばしている手と漁夫たちの強そうな手は望みや願いのシンボルである。テーブルの周りに目立っているのはヨハネとユダの姿である。跳いているヨハネはイエスに対する尊敬や親しみを表している。逃げているユダは象徴的な夜の暗みに落ちていく。「『 苦しみを受ける前に、あなた方と共にこの過越の食事をしたいと、わたしは切に願っていた。言っておくが、神の国で過越が成し遂げられるまで、わたしは決してこの過越の食事をとることはない。』そして、イエスは杯を取り上げ、[. . . ]『 神の国が来るまで、わたしは今後ブドウの実から作ったものを飲むことは決してあるまい。』 」(ルカ22 章15 – 18 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2019.04.24 復活の水曜日

     ちょうどこの日、二人の弟子が、エルサレムから六十スタディオン離れたエマオという村へ向かって歩きながら、 この一切の出来事について話し合っていた。 話し合い論じ合っていると、イエス御自身が近づいて来て、一緒に歩き始められた。 しかし、二人の目は遮られていて、イエスだとは分からなかった。イエスは、「歩きながら、やり取りしているその話は何のことですか《と言われた。二人は暗い顔をして立ち止まった。その一人のクレオパという人が答えた。「エルサレムに滞在していながら、この数日そこで起こったことを、あなただけはご存じなかったのですか。《イエスが、「どんなことですか《と言われると、二人は言った。「ナザレのイエスのことです。この方は、神と民全体の前で、行いにも言葉にも力のある預言者でした。それなのに、わたしたちの祭司長たちや議員たちは、死刑にするため引き渡して、十字架につけてしまったのです。わたしたちは、あの方こそイスラエルを解放してくださると望みをかけていました。しかも、そのことがあってから、もう今日で三日目になります。

     ところが、仲間の婦人たちがわたしたちを驚かせました。婦人たちは朝早く墓へ行きましたが、遺体を見つけずに戻って来ました。そして、天使たちが現れ、『イエスは生きておられる』と告げたと言うのです。 仲間の者が何人か墓へ行ってみたのですが、婦人たちが言ったとおりで、あの方は見当たりませんでした。《そこで、イエスは言われた。「ああ、物分かりが悪く、心が鈊く預言者たちの言ったことすべてを信じられない者たち、メシアはこういう苦しみを受けて、栄光に入るはずだったのではないか。《そして、モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された。 一行は目指す村に近づいたが、イエスはなおも先へ行こうとされる様子だった。二人が、「一緒にお泊まりください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから《と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるため家に入られた。 一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。

     二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか《と語り合った。そして、時を移さず出発して、エルサレムに戻ってみると、十一人とその仲間が集まって、 本当に主は復活して、シモンに現れたと言っていた。二人も、道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった次第を話した。(ルカ24・13*35)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報