カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第7窓

第7窓
ポンシオ・ピラトのもとに、われらのために+字架につけられ、苦しみを受け、葬られた。

この窓は、旧約と新約、つまりイサクとキリストの犠牲を絵画的に現わしている。「わたしが来たのは律法や予言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。はっきり言っておく。すべてのことが実現し、天地が消えうせるまで、律法の文字から一点一画も消え去ることけはない。だから、これらの最も小さな掟をーつでも破り、そうするようにと人に教える者は、天の国でもっとも小さい者と呼ばれる。しかし、それを守り、そうするように教える者は、天の国で大いなる者と呼ばれる。」(マタ5 章17 – 19 節)。

1 ・2 、子供に自分の身体を食べさせるペリカン。
これは、キリストが自分の身体を聖体をもって我らに食べさせる喩えである。
3 、受難による新約が結ばれたゴルゴタの岩。
岩のもとには、兵士たちに囲まれて十字架を背負っているキリストが見える。岩の真中には、杯が置いてある。「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である。」(ルカ22 章20 節)。十字架のもとには、アダムの墓が見える。初期の伝統によると、キリストはアダムの墓のところに十字架につけられ、そして彼の血がアダムの骨にこぼされたのである。「キリストは[ . . . ]わたしたちの代わりにアダムの負債を払い反した。昔の罪の記録を自分の心から血を流して消したのである。」(復活祭の宣言)
4 、旧約を象徴しているシナイの山。
そのもとには十戒の板を持って髪の乱れたモーセの姿が見える。
5 、墓に葬られるイエスの身体。
「彼らはイエスの遺休を受け取り、ユダヤ人の埋葬の習慣に従い、香料を添えて亜麻布で包んだ。」(ヨハ19章40 節)。
6 、仔羊に喩えたキリストの犠牲を象徴している、モリア山でのイサクの犠牲。
下の部分に見える木の枝を持っているイサクは、十字架を背負っているキリストに相当する。「神はアブラハムを試された。[. . . ]彼が、『 はい』 と答えると、神は命じられた。『あなたの,息子、あなたが愛する独り子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。わたしが命じる山のーつに昇り、彼を焼き尽くす献げ物としてささげなさい。』」(創22 章1 – 2 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2018.10.21 年間第二十九主日

     [そのとき、]≪ゼベダイの子ヤコブとヨハネが進み出て、イエスに言った。「先生、お願いすることをかなえていただきたいのですが。《イエスが、「何をしてほしいのか《と言われると、 二人は言った。「栄光をお受けになるとき、わたしどもの一人をあなたの右に、もう一人を左に座らせてください。《イエスは言われた。「あなたがたは、自分が何を願っているか、分かっていない。このわたしが飲む杯を飲み、このわたしが受ける洗礼を受けることができるか。《彼らが、「できます《と言うと、イエスは言われた。「確かに、あなたがたはわたしが飲む杯を飲み、わたしが受ける洗礼を受けることになる。 しかし、わたしの右や左にだれが座るかは、わたしの決めることではない。それは、定められた人々に許されるのだ。《

     ほかの十人の者はこれを聞いて、ヤコブとヨハネのことで腹を立て始めた。≫イエスは一同を呼び寄せて言われた。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、 いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい。人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。《(マルコ10・35*45、または10・42*45)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報