カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第7窓

第7窓
ポンシオ・ピラトのもとに、われらのために+字架につけられ、苦しみを受け、葬られた。

この窓は、旧約と新約、つまりイサクとキリストの犠牲を絵画的に現わしている。「わたしが来たのは律法や予言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。はっきり言っておく。すべてのことが実現し、天地が消えうせるまで、律法の文字から一点一画も消え去ることけはない。だから、これらの最も小さな掟をーつでも破り、そうするようにと人に教える者は、天の国でもっとも小さい者と呼ばれる。しかし、それを守り、そうするように教える者は、天の国で大いなる者と呼ばれる。」(マタ5 章17 – 19 節)。

1 ・2 、子供に自分の身体を食べさせるペリカン。
これは、キリストが自分の身体を聖体をもって我らに食べさせる喩えである。
3 、受難による新約が結ばれたゴルゴタの岩。
岩のもとには、兵士たちに囲まれて十字架を背負っているキリストが見える。岩の真中には、杯が置いてある。「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である。」(ルカ22 章20 節)。十字架のもとには、アダムの墓が見える。初期の伝統によると、キリストはアダムの墓のところに十字架につけられ、そして彼の血がアダムの骨にこぼされたのである。「キリストは[ . . . ]わたしたちの代わりにアダムの負債を払い反した。昔の罪の記録を自分の心から血を流して消したのである。」(復活祭の宣言)
4 、旧約を象徴しているシナイの山。
そのもとには十戒の板を持って髪の乱れたモーセの姿が見える。
5 、墓に葬られるイエスの身体。
「彼らはイエスの遺休を受け取り、ユダヤ人の埋葬の習慣に従い、香料を添えて亜麻布で包んだ。」(ヨハ19章40 節)。
6 、仔羊に喩えたキリストの犠牲を象徴している、モリア山でのイサクの犠牲。
下の部分に見える木の枝を持っているイサクは、十字架を背負っているキリストに相当する。「神はアブラハムを試された。[. . . ]彼が、『 はい』 と答えると、神は命じられた。『あなたの,息子、あなたが愛する独り子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。わたしが命じる山のーつに昇り、彼を焼き尽くす献げ物としてささげなさい。』」(創22 章1 – 2 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2019.11.15

    [そのとき、イエスは弟子たちに言われた。]ノアの時代にあったようなことが、人の子が現れるときにも起こるだろう。ノアが箱舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていたが、洪水が襲って来て、一人残らず滅ぼしてしまった。ロトの時代にも同じようなことが起こった。人々は食べたり飲んだり、買ったり売ったり、椊えたり建てたりしていたが、 ロトがソドムから出て行ったその日に、火と硫黄が天から降ってきて、一人残らず滅ぼしてしまった。人の子が現れる日にも、同じことが起こる。その日には、屋上にいる者は、家の中に家財道具があっても、それを取り出そうとして下に降りてはならない。同じように、畑にいる者も帰ってはならない。

    ロトの妻のことを思い出しなさい。自分の命を生かそうと努める者は、それを失い、それを失う者は、かえって保つのである。 言っておくが、その夜一つの寝室に二人の男が寝ていれば、一人は連れて行かれ、他の一人は残される。 二人の女が一緒に臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、他の一人は残される。《そこで弟子たちが、「主よ、それはどこで起こるのですか《と言った。イエスは言われた。「死体のある所には、はげ鷹も集まるものだ。《(ルカ17・26-37)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報