カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第3窓

第3窓
唯一の主、神の御ひとり子、イエス・キリストを信じる。

この窓は原罪と、我らを原罪から救うために天から下って葬られた救世主のキリストの実在を絵画的に現わしている。

1 ・2 、罪や世界の調和を破るシンボルとして現わしている、アべルを殺しているカインの場面とウサギに噛み付くライオンの場面。
3 、最初の人間を誘惑して神に対して罪を被せた天使(つまり、サタンや悪魔)の罪を抽象的に語る窓。
教会の教えによると、その天使はもともと善い天使だったが、神と天国に対して自分の意志によって全面的に反抗したものである。堕落した天使をしのぎ、馬に乗っているキリストの像は黙示録に喩えられている。「そして、わたしは天が開かれているのを見た。すると、見よ、白い馬が現れた。それに乗っている方は、『誠実』 および『真実』と呼ばれて、正義をもって裁き、また戦われる。」(黙19 章11 節)。
4 、神に対する信頼、また神と共にいるという幸福状熊を象徴している楽園から逃げていくアダムとエヴァ。
ステンドグラスでは、神が自分の子供を呼び戻すように手を伸ばしている。しかし、逃げつづけるアダムとエヴァの心には創造の神に対する信頼が消え去った。人間が認め尊重すべき越えてはいけない限界を象徴している楽園の木は強風に乱されている。「このようなわけで、一人の人によって、罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。」(ロマ5 章12 節)。
5 、幸福のエデンの園に対して苦労の園であるゲッセマネ。
ゲッセマネは孤独のイエスの精神的な苦しみを象徴している。その苦しみによって救世主は神に対する人間の信頼を挽回させたのである。「一人の罪によってすべての人に有罪の判決が下されたように、一人の正しい行為によって、すべての人が義とされて命を得ることになったのです。」(ロマ5 章18 節)。
6 、太陽で囲まれている聖母の像。
「お前のと女、お前の子孫と女の子孫の間にわたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き、お前は彼のかかとを砕く。」(創3 章15 節)。処女マリアは月に立っており、そして彼女の足の下には蛇の形をしているサタンが見える。「また、天に大きなしるしが現れた。一人の女が身に太陽をまとい、月を足の下にし、頭には十二の星の冠をかぶっていた。」(黙12 章1 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2019.04.24 復活の水曜日

     ちょうどこの日、二人の弟子が、エルサレムから六十スタディオン離れたエマオという村へ向かって歩きながら、 この一切の出来事について話し合っていた。 話し合い論じ合っていると、イエス御自身が近づいて来て、一緒に歩き始められた。 しかし、二人の目は遮られていて、イエスだとは分からなかった。イエスは、「歩きながら、やり取りしているその話は何のことですか《と言われた。二人は暗い顔をして立ち止まった。その一人のクレオパという人が答えた。「エルサレムに滞在していながら、この数日そこで起こったことを、あなただけはご存じなかったのですか。《イエスが、「どんなことですか《と言われると、二人は言った。「ナザレのイエスのことです。この方は、神と民全体の前で、行いにも言葉にも力のある預言者でした。それなのに、わたしたちの祭司長たちや議員たちは、死刑にするため引き渡して、十字架につけてしまったのです。わたしたちは、あの方こそイスラエルを解放してくださると望みをかけていました。しかも、そのことがあってから、もう今日で三日目になります。

     ところが、仲間の婦人たちがわたしたちを驚かせました。婦人たちは朝早く墓へ行きましたが、遺体を見つけずに戻って来ました。そして、天使たちが現れ、『イエスは生きておられる』と告げたと言うのです。 仲間の者が何人か墓へ行ってみたのですが、婦人たちが言ったとおりで、あの方は見当たりませんでした。《そこで、イエスは言われた。「ああ、物分かりが悪く、心が鈊く預言者たちの言ったことすべてを信じられない者たち、メシアはこういう苦しみを受けて、栄光に入るはずだったのではないか。《そして、モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された。 一行は目指す村に近づいたが、イエスはなおも先へ行こうとされる様子だった。二人が、「一緒にお泊まりください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから《と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるため家に入られた。 一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。

     二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか《と語り合った。そして、時を移さず出発して、エルサレムに戻ってみると、十一人とその仲間が集まって、 本当に主は復活して、シモンに現れたと言っていた。二人も、道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった次第を話した。(ルカ24・13*35)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報