カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第1窓

第1窓
全能の父なる神を信じる。
信仰宣言の絵画的な表現。

・全能の唯一神。「神はモーセに『 わたしはある。わたしはあるという者だ』 と言われ、また『 イスラエルの人々 にこう言うがよい。《 わたしはある》 という方がわたしをあなたたちに遣わされたのだと。』 」(出3章14節)、「『わたしは主である。わたしは、アブラハム、イサク、ヤコブに全能の神として現れた[. . . ] – h 」(出6章2節)。

・世代を超えていきる神。「『 わたしはあなたの父の神である。アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。』 」(出3章6節)。

・時代を超えていきる神。「神である主、今おられ、ハつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる。『 わたしはアルファであり、オ“ガである。』 j (黙1章8節)。三位一体の神。r [アブラハムが」目を上げてみろ一三人の人が彼に向かって立っていた。J (創18章2節)。

1 ・2 、三位一体を象徴するクローバーの葉。
3 、アブラハムを訪れる主。
我らの信仰の父であるアブラハムは、輝く三人の人の前に地にひれ伏す。この絵は、貴賓に対して地に押しつぶされて無になったようなアブラろハムの姿を現わしている。「目を上げて見ると、三人の人が彼に向かって立っていたアブラハムは[ .. .]地にひれ伏して、言った。『お客様、よろしければ、どうか、僕の下を通り過ぎないでください。」(創18章2 、3節)。
ステンドグラスの右側と下の部分に見える曲がりくねった道は、旅人がやって来て去って行くものでありながら、神によるアブラハムの召し出しのシンボルでもある。「信仰によって、アブラハムは、自分が財産として受け継ぐことになる土地を出て行くように召し出されると、これに服従し、行き先も知らずに出発したのです。」(へブ11章8節)。
「あなたは生まれ故郷父の家を離れて[ ..]行きなさい。」(創12章1節)。
ステンドグラスの下には、アブラハムの食卓の客席についている三人の天使が見える。それは、ロシアの有名な画家のルーロフが描いたイコンに従う聖像である。そのイコンは、昔から三位一体の表現として東方正教会でもローマ教会でも崇められている。
4 、神の名の現われ。
モーセは燃えている柴の前に顔を覆って身を平伏せている。「モーセは、神を見ることをおそれて顔を覆った。」(出3章6節)。
モーセは裸足である。「足から履物を脱ぎなさい。あなたが立っている場所は聖なる土地だから!(同5節)。
モーセの上には聖なるホレブ山(シナイ山)が見える。左下にはモーセの杖を喩えている蛇がいる。「『 杖を取って、ファラオの前に投げよ』 と言うと、杖は蛇になる。」(出7章9節)。
5 、炎の雲の上に立って再臨しているキリスト。
全身には受難の傷痕が見える。「見よ、その方が雲に乗って来られる。すペての人の目が彼を仰ぎ見る、ことに、彼を突き刺した者どもは「.,」神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる『 私はアルファであり、オメガである。』」 (黙1章7一8節)。
6 、父は、家に向かって歩いている息子を見つけて、遠くまで迎えに出て,息子に挨拶している。
「[ 息子が」まだ遠く離れていたのに、父親は、息子を見つけて、憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した。」(ルカ15章20節)。
父に飛びつ<息子の疲れた姿は我らに喩えられる。自分の子供を抱きしめる父は安心感を与える。それは、自分の子供たちに対する神の思いやりを表している。「[わたしは]彼らの顎からくびきを取り去り[身をかがめて食ペさせた]。J (ホセア11章4節)。
ステンドグラスの上部には、ドアの間に立って叩いているキリストの謙遜の姿。「見よ、私は戸口に立って、たたいている。誰か私の声を聞いて戸を開ける者があれば、私は中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、私と共に食事をするであろう。」(黙3章20節)右上には、ワインが置いてある食卓に着いて、自分の心を開いた人を抱きしめているキリストの姿である。三つの場面に見える石のようなものは吹の意味を象徴している。

・ 清心と変心のシンボルである砂漠。「わたしはお前たちの体から石の心を取り除き、肉の心を与える。」(エゼ36章26節)。
・「わたしはーつの石をシオンに据える。これは試みを経た石、堅く据えられた礎の、貴い隅の石だ。信ずる者は慌てることはない(イザ28章16節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2018.05.21

     [そのとき、イエスは三人の弟子とともに山を下りて、]ほかの弟子たちのところに来てみると、彼らは大勢の群衆に取り囲まれて、律法学者たちと議論していた。 群衆は皆、イエスを見つけて非常に驚き、駆け寄って来て挨拶した。イエスが、「何を議論しているのか《とお尋ねになると、群衆の中のある者が答えた。「先生、息子をおそばに連れて参りました。この子は霊に取りつかれて、ものが言えません。 霊がこの子に取りつくと、所かまわず地面に引き倒すのです。すると、この子は口から泡を出し、歯ぎしりして体をこわばらせてしまいます。この霊を追い出してくださるようにお弟子たちに申しましたが、できませんでした。《イエスはお答えになった。「なんと信仰のない時代なのか。いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか。その子をわたしのところに連れて来なさい。《

     人々は息子をイエスのところに連れて来た。霊は、イエスを見ると、すぐにその子を引きつけさせた。その子は地面に倒れ、転び回って泡を吹いた。イエスは父親に、「このようになったのは、いつごろからか《とお尋ねになった。父親は言った。「幼い時からです。霊は息子を殺そうとして、もう何度も火の中や水の中に投げ込みました。おできになるなら、わたしどもを憐れんでお助けください。《イエスは言われた。「『できれば』と言うか。信じる者には何でもできる。《その子の父親はすぐに叫んだ。「信じます。信仰のないわたしをお助けください。《イエスは、群衆が走り寄って来るのを見ると、汚れた霊をお叱りになった。「ものも言わせず、耳も聞こえさせない霊、わたしの命令だ。この子から出て行け。二度とこの子の中に入るな。《

     すると、霊は叫び声をあげ、ひどく引きつけさせて出て行った。その子は死んだようになったので、多くの者が、「死んでしまった《と言った。しかし、イエスが手を取って起こされると、立ち上がった。 イエスが家の中に入られると、弟子たちはひそかに、「なぜ、わたしたちはあの霊を追い出せなかったのでしょうか。《と尋ねた。イエスは、「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ《と言われた。(マルコ9・14*29)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報