カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス


祭壇の中央正面にあるステンドグラスは、
細川晴美さんの作品です。
細川 晴美(ほそかわはるみ)

主な作品
カトリック神田教会
佐原カトリック教会
大垣市運動公園
千葉県流山市立図書館

マリア・テレサ・レクレフスカ(ヴィトラージェ工房)作のステンドグラス

第1窓 第2窓 第3窓 第4窓
第5窓 第6窓 第7窓 第8窓
第9窓 第10窓 第11窓 第12窓
 
第13窓 第14窓 2階  
ヴィトラージェ工房と設立者マリア・テレサ・レクレフスカの略歴
1956年 ヴィトラージェ工房の設立者であるレクレフスカ(1931年生)は、ワルシャワ美術大学を卒業(タペストリーを専攻)。卒業後2年間、パリの国立芸術学院とジャック・ル・シュバリエが主宰するアトリエ「ダールサクレ」にてステンドグラスを学ぶ。
1960 – 61年 ワルシャワの聖マーチン教会のステンドグラスを制作
1964 – 78年 ブロツラフの聖母マリア教会のステンドグラスを制作。これらの作品で、1976 年に“ブラザー・アルバート賞”(ポーランドの宗教芸術分野で最も権威のある賞)を受賞。
1966年 スイスのアスコナ町にあるプールのステンドグラスを制作。
1976年 パリより帰国し、テレサ・レクレフスカ工房を設立。
1976 – 81年 ノビソンチの聖マルへリタ教会のステンドグラスを制作。
1979 – 81年 チェンストコバの聖母マリア教会のステンドグラスを制作。
1981 – 83年 ブラツラフの聖アルバート教会のステンドグラスを制作。
1983 – 84年 アニンの聖母マリア教会のステンドグラスを制作
1990年 現在のヴィトラージェ工房に改名する(因みにヴィトラージェとは、ポーランド語でステンドグラスのこと)。
1984 – 91年 ワルシャワの聖アンドリューポポラ教会のステンドグラスを制作。
1991 – 92 年 アニンの聖母マリア教会のステンドグラスを制作。
1991年 ワルシャワのボス・ホテルのステンドグラスを制作。
1992年 モストスタル建設会社会議室のステンドグラスを制作。
1993年 PZUポーランド国立保険会社本部のステンドグラス制作。
1993 – 94年 ブデクスポ建築国際見本市(ワルシャワにて)のステンドグラスを制作。
都立芝商業高等学校のステンドグラス、壁画モザイクを制作。
1995年 埼玉県熊谷市の熊谷警察署庁舎のステンドグラスを制作。
1995 – 1997年 東京千代田区のカトリック神田教会のステンドグラスを制作。
バナー
バナー
バナー

本日の福音

  • 2017.03.28

     [ユダヤ人の祭りの日に、]イエスはエルサレムに上られた。エルサレムには羊の門の傍らに、ヘブライ語で「ベトザタ《と呼ばれる池があり、そこには五つの回廊があった。この回廊には、病気の人、目の見えない人、足の上自由な人、体の麻痺した人などが、大勢横たわっていた。さて、そこに三十八年も病気で苦しんでいる人がいた。イエスは、その人が横たわっているのを見、また、もう長い間病気であるのを知って、「良くなりたいか《と言われた。 病人は答えた。「主よ、水が動くとき、わたしを池の中に入れてくれる人がいないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に降りて行くのです。《 イエスは言われた。「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい。《すると、その人はすぐに良くなって、床を担いで歩きだした。その日は安息日であった。そこで、ユダヤ人たちは病気をいやしていただいた人に言った。「今日は安息日だ。だから床を担ぐことは、律法で許されていない。《

     しかし、その人は、「わたしをいやしてくださった方が、『床を担いで歩きなさい』と言われたのです《と答えた。 彼らは、「お前に『床を担いで歩きなさい』と言ったのはだれだ《と尋ねた。しかし、病気をいやしていただいた人は、それがだれであるか知らなかった。イエスは、群衆がそこにいる間に、立ち去られたからである。 その後、イエスは、神殿の境内でこの人に出会って言われた。「あなたは良くなったのだ。もう、罪を犯してはいけない。さもないと、もっと悪いことが起こるかもしれない。《この人は立ち去って、自分をいやしたのはイエスだと、ユダヤ人たちに知らせた。 そのために、ユダヤ人たちはイエスを迫害し始めた。イエスが、安息日にこのようなことをしておられたからである。(ヨハネ5・1*3a、5*16)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報